格安スマホ比較

MENU

格安スマホを2台持ちするメリットって何?

格安スマホは2台持ちにもおすすめのスマホとなっています。2台持つことでどんなメリットがあるのか、どんな組み合わせで持つようにするとお得になるのかなどといったことについて注目していってみましょう。

 

 

 

 

まずは格安スマホの月額料金をチェック

 

普通に大手キャリアでスマホを持つよりも格安スマホと言われているものを選ぶことによって、毎月のスマホ料金をかなり節約することができます。数セ年の節約はもはや当然とまでなり、大手キャリアのような毎月1万円ほどの料金を支払っているのが煩わしくなってしまうほどです。
 たとえば、楽天モバイルでスマホを契約すると、通話SIMのベーシックプランでも月額1250円になっています。これに、あとは機種代がプラスされるようになっています。楽天モバイルについては楽天ポイントも貯めていくことができるというので、楽天をよく利用するという人にとってはかなりメリットの大きい格安スマホであるといえます。最大10GBまでありますが、この10GBの通話SIMプランでも月額2960円となっているので、合計しても5000円程度で済ませることができます。
 また、もう1つUQ mobileについても月額料金をチェックしてみましょう。データ無制限で通話プランにしても月額2680円となっています。月のデータ通信量も限度が決まっていないので、格安スマホにしてもアプリや動画、ネットなどをたっぷり使いたいという人には画期的なプランとなっています。UQ mobileについては高速通信をとるか、データ通信量無制限をとるかの2択になります。どちらにしても月額料金が最低980円〜最高2680円で済むのはありがたいですね。
 このように、格安スマホは会社ごとに魅力的なプランを用意していますが、どこを見ても大手キャリアよりははるかに安い料金で利用できるようになっているんです。

 

格安スマホ+もう1台のメリットについて

 

 格安スマホに変えるだけでも毎月の携帯料金の節約につながることはわかりました。そして、最近ではスマホを2台持っている人を見かけませんか?2台持ちといって使い分けながら利用している人もいると思います。そこで、格安スマホともう1台持つとしたら、どんなスマホを持つといいのか、またどんなメリットがあるのか考えてみましょう。
 まずは、1台目が格安スマホで2台目に持つとしたら、ガラケーや格安スマホ、大手キャリアのスマホなどと選択肢はあります。でも、中でもみなさんが一番多く選ぶのが格安スマホとガラケーの組み合わせになっています。最強の安さが実現すると話題にもなり、ますます注目を集めているようです。
 また、メリットについても紹介しておきましょう。大きなメリットとしては格安スマホの弱点である通話料についてガラケーなどで補うことができるということです。大手キャリアにしても、かけ放題なんてプランがありますよね。格安スマホではこういったプランがないため、月額料金はお得でも通話料が結構かさんでいってしまうことが多いんです。その通話料の悩みについてもスッキリさせることができるわけです。そして、ガラケーで電話をするようにしたら、今まで長く親しんできた形やボタンなので、慣れた手つきで使うことができます。そして、ネットや動画などデータ通信量を使う場合には、格安スマホに切り替えるようにすればいいわけです。上手に使い分けることで、びっくりするぐらい安く料金を抑えることが出来るんです。
 そこで、その料金について詳しく見ていきましょう。まず、ガラケーの方のプランですが、電話ができさえすればいいのでかけ放題というプランにだけしておきます。通話のみのプランを選ぶようにすることがポイントです。そうすれば、そのガラケーでは通話のみできるようになります。そうすれば、ガラケーを一番お得な料金で利用することができるんです。通話だけのプランであれば2000円で十分契約することができるので、あとは大手キャリアによってどんな通話プランの料金設定になっているかということについて比較してみるとよりお得な会社を見つけることが出来るでしょう。
 このように、通話はガラケーで、格安スマホではデータ通信をというふうに決めて利用するようにすると、毎月大手キャリアの利用料金よりも6000円くらいは節約することができます。毎月これだけ出費を抑えることができるのは、かなり大きいですよね。

 

お得な格安スマホ+もう1台の組み合わせについて

 

 上にも記載しましたが、2台目にどんな携帯電話を持てばお得になるかというのは、格安スマホ+ガラケーという組み合わせが一番お得になります。そこで、まずはこの格安スマホ+ガラケーにした場合の料金をチェックしてみましょう。
 一番の魅力は料金の安さですね。どんな組み合わせよりも、この格安スマホ+ガラケーが一番お得になっています。賢く選択すれば、月々3000円以内で利用できるということですから、これはかなりの節約ができますね。今までの3分の1ほどになったという人もいるぐらいなので、スマホ料金にうんざりしている人は検討してみるよい機会かもしれません。そして、ガラケーでは電話をするだけのために契約するので、難しいことはありません。ボタンを押せばダイヤルすることができるので、普通の電話と同じですね。そして、ガラケーにすることで通話以外のメリットもあります。それは、格安スマホでは利用できなくなるキャリアメールを残しておくことができるという点です。メールをするという人にはこの機能も再び使うことが出来るので便利になっています。格安スマホとガラケーのいいとこどりをしている組み合わせになっています。
 この格安スマホ+ガラケーの組み合わせは、通話をよくするという人におすすめとなっています。格安スマホで調子に乗って通話をしていると、基本料金は安いのに通話料金がどんどん発生してきてしまいます。そういったことを考えると、通話はガラケーでと決めて使う方がお得になっているんです。ガラケーの場合は、通話だけできるようにしたいということであれば1000円台から高くても2000円以内で契約することができます。あとは、格安スマホにおいては高く設定されている通話SIMプランではなくデータSIMプランの方を選べばいいので、料金を安く抑えることができるんです。どこのMVNOにするかによって料金には多少の差が出てきますが、2000円もあれば十分なデータ通信量のプランが契約できると思うので、ガラケー分を足しても十分安くなりますね。
 また、格安スマホと2台目も格安スマホにした場合は、料金はいくらくらいになるのでしょうか?どこの格安スマホで契約するかによって料金も多少の誤差が生じてきますが、おすすめは楽天モバイルとDMMモバイルです。楽天モバイルでは、まずはベーシックプランという一番安いプランにしておきます。そして、データSIMプランにしておきましょう。そのかわり、DMMモバイルの方で通話SIMプランを選ぶようにします。楽天モバイルのベーシックプランであれば月額645円で利用できます。楽天モバイルではこの料金で抑えておいて、プランが豊富にあるDMMモバイルの方でどのデータ通信量にするか、通話SIMプランを選ぶといったように吟味していきます。たとえば、通話SIMプランで平均的な3GBにしても月額1500円となっています。あとは、スマホ本体の機種代がプラスされるぐらいです。ということで、最低2000円ほどから利用できるという計算になりますね。あとは、端末の価格によって支払い金額が変わってくるので、少し差が出てくるかと思います。この格安スマホを2台持つことで、データ通信量をたっぷり利用できて、さらに端末の料金が安くて済むというメリットが挙げられます。最低限の機能がついたスマホでいいという人にとっては格安スマホで十分といえるでしょう。格安スマホを2台持つなら、通話がお得な方を選ぶのがポイントになっています。

 

 格安スマホともう1台携帯電話を持つという考え方ができたこと、さらに持ち方の幅も広がってきていることがよくわかります。これは、使う人のニーズに合わせて進化していっているのでしょう。格安スマホだけでは物足りない、格安スマホではできないことを他のスマホやガラケーでしたいという時にも2台持ちはありですね。

今auをご利用の方へ。Au系MVNOに変えてみよう!

今auをご利用の方も多いことでしょう。そんな中、毎月の利用料金に納得できていない人も多いのではないでしょうか?そこで、au系MVNOにかえてみませんか?乗り換えは意外と簡単にできるので、やってみる価値はありますよ。

 

 

今auを利用中の人におすすめのMVNOとは?

 

 今auをご利用の方でMVNOに変えてみたいな、料金の節約になるのならぜひ乗り換えしたいというときにおすすめなMVNOにはどんなものがあるのでしょうか?やはり、あまり大きく変わってしまわないように、auの回線を利用したMVNOが使いやすいでしょう。このauの回線を借りてできたMVNOには、UQモバイルやmineoになります。この2つのMVNOのどちらかを選ぶと、スマホの中身は今までのauとほぼ変わりなく快適に使えることでしょう。
 このauの回線を利用したMVNOは最近になって登場したので、まだまだ新しい方に入ります。メインなMVNOというと、やはりドコモの回線を利用したものが多くなっているからです。なので、au系MVNOを狙っているのなら、このUQモバイルかmineoのどちらかを選ぶといいでしょう。料金プランもシンプルでわかりやすいのでおすすめですよ。

 

au系MVNOにはどんなものがある?

 

 au系MVNOとしては、今挙げたように2つの会社があります。UQモバイルとmineoですね。どちらも料金プランはシンプルでわかりやすいのが特徴になっています。初めてMVNOにしてみようという人にとっても、安心して申し込むことができます。また、端末も徐々に扱う数が多くなってきているので、SIMカードとセットで購入することでさらにお得にもなるのでおすすめになっています。
 まずは、UQモバイルから紹介していきましょう。UQモバイルの強みは、MVNOのデメリットとして挙げられている通信速度の遅さを改善したことです。通信速度部門で1位を獲得しているくらい、速度は早く安定しているんです。そんなUQモバイルは即日MNPにも対応しているので、数日間スマホがなくて誰とも連絡が取れないという事態にならずに済みます。端末とセットで購入するか、SIMカードのみを購入するかの2通りがあります。Auで使っていた機種があるのなら、SIMカードのみを変えることで使うことができます。また、この際端末も変えたいということであれば、端末とSIMカードがセットになっているものを選ぶといいでしょう。あとは、データSIMプランかデータプラス通話SIMを選び、高速通信がいいか、データ通信量無制限でたっぷり楽しめる方がいいかのどちらかを選ぶことになります。最低利用期間がauのように2年縛りではなく1年となっているので、そのあたりも気軽でいいですよね。
 また、au系MVNOのもう1つであるmineoについても見てみましょう。まず、mineoはマイネオと呼びます。UQモバイルと同じように、端末とSIMをセットで買う方法も、SIMカードのみを購入する方法もあります。このどちらかをまずは選びます。タイプはシングルタイプかデュアルタイプの2つがあります。デュアルタイプの方が、いわゆる音声通話付きプランとなっているので、多くの場合がこちらを選ぶことになると思います。
 そして、この2つのプランはデータ通信量によってさらに4つずつに分かれています。500MB、1GB、3GB、5GBとなっています。一番多くの人が選ぶ3GBはデュアルタイプであれば1590円となっています。5GBになると、2190円になります。これでも、auを使っていた頃よりははるかに料金を下げることができるでしょう。

 

中でもおすすめなMVNOはこれ!

 

 au系MVNOにはUQモバイルとmineoの2つがあると説明してきましたが、この中でも特におすすめしたいのがUQモバイルとなっています。とにかく通信速度が速いというのが最大の売りとなっています。端末は今のところ、2種類出ています。KC-01とLG G3 Beatとなっています。防水、防塵機能やカメラ機能がそれぞれ充実しているので、格安スマホとは思えない高品質になっています。
 プランがわかりやすいのが初めてMVNOにしてみようかなと考えている人にとってもおすすめとなっています。まずは、高速データ通信をしたいか、データ通信量無制限でたっぷり楽しみたいかの2通りになっています。この2つの中に、データSIMか音声通話付きかがあります。料金は980円から2680円となっています。この中でおすすめなプランは音声通話付きの高速データ通信プランの方ですね。最近ではWi-Fi設備が整っているところも増えてきたので、データ通信量はそこまで気にしなくてもよくなっているように感じるからです。高速データ通信プランの方は、月に3GBまでとなっていますが、これで十分足りている人がほとんどです。

 

 

auからau系MVNOに乗り換える手順とは

 

 Au系MVNOをチェックしていると、さっそく乗り換えてみたいなと思う人も多いでしょう。そこで、具体的にはどのような手順で乗り換えることができるのか詳しく見ていきましょう。
 まず、UQモバイルを例にとって見てみると、こちらでは即日MNPに対応しているので、スマホがないという期間なく利用することができます。そこで、乗り換えをするために、まずはauを解約するときに、予約番号というものを発行してもらいましょう。それをUQモバイルをネットから申し込むときに入力するようにします。これで、あとは自宅に届くのを待ちましょう。SIMカードを差し込むと、今までと同じ電話番号で使えることを確認するといいでしょう。
 簡単な流れでのりかえができるようになっているので、今のスマホ料金で悩んでいる人はこの際MVNOにチェンジしてみましょう。UQモバイルのサイトに行くと、初めてご利用の方向けにわかりやすく解説もしてあるので、それを参考にすると問題なく申し込むことができると思います。

 

 au系MVNOもこれからきっと徐々に増えてくることでしょう。MVNOにもいろいろとあるので、その中でどれが自分に一番合っているかということをよく考えてプランや特徴を比較しながらどこにするか決めてみましょう。

ソニーの格安スマホにはどんな機種があるの?詳しく解説します

ソニーからはデザイン性の高いスマホが次々に発売されていますが、このソニーの製品って格安スマホになっても利用することができるのでしょうか?各MVNOからソニーの格安スマホは発売されているのか、またどんな機種があるのかなどについて詳しく解説していきましょう。

 

 

ソニーの格安スマホを紹介します

 

 ソニーのスマホはデザインがシンプルで小ぶりなサイズから男女共に人気のあるスマホとなっています。格安スマホになってもソニーのものが使いたいという人もいるのではないでしょうか?そこで、ソニー製品が格安スマホでもあるのかどうか調べてみましょう。
 ソニーの格安スマホとして現在登場しているのは、Xperia J1 compactという機種のみになっています。よって、Xperia J1 compactであれば、格安スマホでも購入が可能ということになりますね。さて、このXperia J1 compactですが、どこで買うことができるのか気になるところですね。Xperia J1 compactは3つの購入手段があります。イオンモバイルかソニーストア、So-netからの申し込みの3通りになっています。このうち、イオンモバイルは実店舗がありますが、ソニーストアとSo-netについては実店舗がないのでネットから購入するしかありません。どこで購入するかによって、プランの特徴や料金が少しずつ変わっていきます。
 イオンモバイルでXperia J1 compactを購入するのなら、イオン中速プラン、高速プラン1と2があります。料金はイオン中速プランが1280円でデータ通信量は一日100Mbとなっています。通信速度については、上りも下りも14Mbpsとなっています。また、高速プラン1は1580円でデータ通信量は1日150Mbまで、高速プラン2は2580円でデータ通信量は1日320Mbとなっています。
 また、So-netで購入する場合であれば1610円で、データ通信量は1日140Mbまで、ソニーストアで購入するのであれば1580円に月4GBまで利用することができます。ただし、So-netとソニーストアについては最低利用期間として、1年以内で解約すると解約料としてそれぞれ5200円が発生してくることだけ覚えておく必要があります。
 また、VAIOブランドからも格安スマホが登場しています。VAIO Phone VA-10Jという機種になります。VAIO Phone VA-10Jもイオンモバイルやb-mobileから購入することができます。つまり、イオンに行けばXperia J1 compactもVAIO Phone VA-10Jも実物を見て比較しながらどれにするか選ぶことが出来るということになりますね。
 VAIO Phone VA-10Jをイオンモバイルで購入する場合には、Xperia J1 compactを購入する際のプランと同じになります。b-mobileで購入する場合には、公式サイトからVAIO Phone VA-10Jのページに入っていきます。月額2980円〜利用することができます。

 

ソニー格安スマホの特徴について

 

 ソニーの格安スマホとしては、Xperia J1 compactとVAIO Phone VA-10Jの2種類があることがわかりましたが、それぞれの特徴についても見ていくことにしましょう。
まずは、Xperia J1 Compactから見ていきましょう。カラーはホワイトのみとなっています。コンパクトだけれどハイスペックと言われている理由としては、防水機能におサイフケータイにも対応しているところでしょう。コンパクトになっているので、女性でも片手で隅から隅まで操作することができます。スマホというと手に大きすぎてタッチしにくいことがありますが、Xperia J1 Compactではそういった悩みを抱えることなく快適に操作することができます。また、バッテリーも2300mAhとなっているので、1回の充電でかなり長い期間持続することになります。よって、アプリや動画再生の際にも大幅に電池が減ることなく安心して見ることが出来るんです。さらに、STAMINAモードも搭載しているので、電池が約2倍も長持ちするようになりました。最後に、Xperia J1 compactはカメラ機能も高性能と評価されています。基本はおまかせで一番きれいな写真を撮ってくれるようになっており、いろんなエフェクトも楽しめるようになっているので、写真をたくさん撮ることが多いという人にもおすすめの機種となっています。
 次に、VAIO Phone VA-10Jについて特徴をまとめていきます。VAIO Phone VA-10Jはカメラの性能の高さやバッテリーの容量、ネットワークなどの点で高く評価されています。カメラについては背面には13メガピクセルのカメラと前面に5メガピクセルカメラを搭載しているので、自撮りするときにもきれいに撮れるようになっています。たくさんきれいな思い出の写真を残したいという時には、VAIO Phone VA-10Jはおすすめですね。
 また、バッテリーの容量もしっかりあります。2500mAhとなっているので、VAIO Phone VA-10Jでいろんな動作をしても電池がすぐになくなってしまうということがありません。その他には格安スマホというと通信速度が遅くなるというデメリットがよく挙げられますが、それについても高速通信LTEネットワークに対応しているので、ストレスなく使用することができるようになっているんです。カラーはブラックのみとなっているため、Xperia J1 compactがホワイトのみとなっているのと対照的ですね。

 

ソニー格安スマホのメリット・デメリット

 

 ソニーの格安スマホには2種類あることを説明してきましたが、順番にメリットとデメリットについても見ていきましょう。まずは、Xperia J1 compactのメリットから。Xperia J1 compactのメリットとしてあげられることは、防水防塵機能付きであること、サイズが小さめなので使い勝手がいいこと、安心の国産製品であるということがあります。また、格安スマホとしては珍しくおサイフケータイに対応していること、カメラ機能が高性能であること、さらにはソニーのウォークマンの技術がXperia J1 compactでも使用されているので、音楽もかなり楽しむことができます。こうしてみると、Xperia J1 compactのメリットってたくさんあることがわかりますね。
 では、Xperia J1 compactのデメリットについてはどうなのでしょうか?サイズ自体がコンパクトなので、ディスプレイがどうしても小さくなってしまうということがデメリットとして挙げられています。また、データ通信に関して日次制限がされるということです。この2点が、Xperia J1 compactのデメリットとして挙げられています。データ通信については、1日140Mbまでとなっているので、それを超えると通信速度が200Kbpsと落ちてしまいます。日頃ネットや動画をよくチェックする、アプリも頻繁に起動するというひとにとっては少し窮屈に感じてしまうかもしれませんね。
 続いて、VAIO Phone VA-10Jのメリット・デメリットについても見ていきましょう。まずは画面のサイズが5.0インチとなっているところ。大画面で動画を見ることができます。そして、android 5.0に対応しているところ。さらに、カメラ機能が優れていると言われています。背面カメラ1300万画素にインカメラ500万画素となっているので、日頃からスマホで写真をよく撮る人にとっては満足のいく機種になっているといえるだろう。
 続いて、デメリットについても見ていきましょう。VAIO Phone VA-10Jのデメリットとしては、防水防塵対応ではないところやNFCに対応していない、本体ストレージが16GBまでだというあたりでしょう。今は防水防塵でないと使えないという人も多いので、その点から考えるとVAIO Phone VA-10Jは少し劣ってしまうようです。それでも、メリットの方が大きいといえるVAIO Phone VA-10Jです。

 

中でもおすすめしたいソニー格安スマホとは?!

 

 ソニーの格安スマホには2種類の機種があることがわかりましたが、結局のところどっちがおすすめなの?と思う人も多いことでしょう。男女問わず人気となっているのは、Xperia J1 compactになっています。サイズの小ささとホワイトという色合いから女性購入者も増えてきています。そして、カメラ機能がいい機種がいいという人が多いので、その点でもXperia J1 compactの方がVAIOフォンよりは選ばれるようになっています。
 よって、格安スマホでソニーの機種が欲しいのなら、まだ新しい機種にもなるXperia J1 compactが一番おすすめとなっています。イオンモバイルの店頭で実物を見て持ってみると、さらにXperia J1 compactの使い勝手の良さも実感することができるでしょう。あらゆる人に使いやすように考えて作られていることがわかります。

 

ソニーからも格安スマホが登場したことに驚きですが、料金は安くて済むのに高性能な機種を持つことができるようになったんですね。ぜひ、ソニーの格安スマホチェックしてみましょう。

 

 

その他のメーカの商品等をしりたい時等は下記サイトがおすすめだとおもいます。私もある程度参考にして記事を書いています。

 


 

格安スマホ学園

 

この格安スマホ学園は非常に情報量が豊富で勉強になります。初心者の方は一度はチェックしておくべきサイトだといえるでしょう。

ymobileの家族割について詳しく教えて

ymobileの人気が高く、家族割りについて教えてほしいという声が高かったのでご紹介します。
最近ymobileが格安スマホの中でも勢いを増してきているけれど、家族割のサービスもあるの?あるのなら、せっかくだから家族で契約できたらいいなと思っている人もいるはずです。家族みんなでお得にスマホが使えたら嬉しいですよね。そこで、ymobileの家族割について詳しく解説します

 

ymobileの家族割ってどんなサービス?
 さっそくymobileの家族割について、一体どんなサービスになっているのか紹介していきましょう。まず、結論から説明すると、同時に家族で契約すると2台目が基本使用料を500割引してもらうことができるんです。ただし、指定料金プランで契約した場合となっているので、ちょっとした制限もあるんです。最大9回線まで割引が適用されるので、家族全員で家族割を利用することだってできるということになりますね。
 そして、この割引料金についてですが、スマホの場合が基本使用料から500円の割引、ケータイであれば基本使用料が無料になるんです。ケータイにするとこんなにもお得になるんですね。基本使用料分が無料になるのは、格安スマホがさらに格安な料金で利用できるということになります。とりあえずは一人目がスマホでもケータイでもポケットWi-Fiのどれでもいいので契約をしておきます。そして、その後に他の家族がymobileで家族割を利用して契約すればいいんです。さらに、1台目の契約の時と一緒に2台目も契約すると、2代目の事務手数料が無料になるというサービスもついてくるんです。
 Ymobileで家族割を利用したいなら、ショップかサイトで申し込むようにしましょう。初めて家族割を利用するので何かと不安という人は、ショップに行くのが一番手っ取り早いですね。Ymobileで扱っている機種であれば何でもいいので、これは家族みんなで格安スマホを持ちたい時にも助かりますよね。大手キャリアのスマホを家族全員で持つよりもはるかに安く抑えることができるので、無駄な出費をしなくて済みます。

 

 

ymobileの家族割を利用するとこんなにもお得になる!
 Ymobileの家族割がとっても魅力的であることはわかりましたが、実際にこんなにもお得になったよという実例があると、さらに想像もしやすいですよね。そこで、実際にあった例をいくつか紹介していきたいと思います。
・ネクサス5を2台契約した場合
さっそくネクサス5を家族で2台契約する場合には、実際にどんなふうに家族割が適用されるのか見てみましょう。まずは、2台目の基本使用料が500円割引になります。そして、このネクサス5を同じ時に2台契約したのなら、ここからさらに事務手数料が無料になるので3000円お安くなります。ここまでで、すでに2台目が3500円も割引になっているのがわかるでしょう。あとは、ネクサス5の本体代金を分割で支払っていく分と、ymobileが用意しているどのプランにするかによって最終的な料金は変わってきますが、3500円引きでスマホの契約ができるということになるんですね。
・2台目にケータイを契約した場合
 さっきは両方ともがスマホの場合を紹介しましたが、次は2台目にケータイを契約する場合の家族割についてどんなふうにお得になるのか見ていきましょう。ケータイの場合は基本使用料が無料になります。そして、事務手数料も同時にその場で契約をすれば3000円引かれて実質無料となります。Ymobileでもケータイを販売しているので、できるだけ安く抑えたい、ケータイの方が使いやすいということであれば自由に選ぶことができます。Ymobileのケータイにするのなら、支払っていく料金としてはケータイの端末代金のみということになります。また、ymobileではケータイの持ち込みも可能となっているので、そうすると端末代金も無料になる可能性が高くなるんです。

 

 2通りのパターンを紹介しましたが、ケータイにすると本当にお得になるんですね。スマホであっても大手キャリアよりははるかに安いので、そこから500円引きは大きいといえます。

 

こんな人にymobileの家族割はおすすめ
 Ymobileの家族割がとってもおすすめだということですが、どんな人に特におすすめなのかも知っておきたいところですね。まずは、家族が多いという人。最大10人までスマホの基本使用料を500円割引してもらえるので、うちは家族が多いからという人でも安心して利用することができるんです。
 また、電話さえできればいいからケータイでいいというおじいさんやおばあさんにもおすすめです。家族割を利用すると基本使用料を無料にできるので、ケータイの端末代金のみの支払いで済むんです。電話ができる手段がないと困るけれど、電話以外の機能は使わないから最低限のものでいいという時にもおすすめとなっています。
 さらに、データ通信量をたっぷり使ってアプリやネットを楽しみたいという子供たちにもこの家族割はおすすめになっているんです。きっと子供たちはスマホを選ぶと思います。となると、家族割が適用されて基本使用料を500円割引してもらうことができます。そうすると、一番大きなLパックでたっぷりのデータ通信量でも500円引きになるので、少しお安くなるんです。 

 

 

家族割にはどんなプランがあるの?
 Ymobileでは家族割にするとかなりお得に毎月スマホやケータイが利用できるようにはなっていますが、家族割を適用する場合にはフランが指定されていることがあります。Ymobileについても料金プランが指定されています。といっても、選択肢がないというわけではないので安心してください。
 まず、1台目のスマホについてはSMLのどれかのプランを選べばいいということになっています。つまりは、普通に自分の好きなプランを自由に選べるということになりますね。そして、ポケットWi-Fiを1台目とする場合の指定プランとしては、ポケットWi-FiプランSLかポケットWi-Fiプランの3種類の中から選ぶことになります。そして、最後にケータイにする場合はケータイプランのみとなっています。
 次に、2台目以降何を契約するかによって指定されているプランも変わってきます。といってもスマホであれば1台目とおなじようにSMLのどれかのプランを選ぶようになっています。そして、ケータイについても同じくケータイプランを選択することになります。Ymobileはプランをシンプルに分けているので、家族割の場合に指定されているプランについてもわかりやすくなっているんですね。

 

 

ymobileの家族割についての注意事項
 Ymobileの家族割いいな〜、今度家族でymobileに行ってみようと思っている人もいると思います。なかなかこの家族割っていいプランですよね。でも、この家族割についてもちょっとした注意事項があるので、ちょっと付け加えておこうと思います。
・別途機種代金は必要になってくる。
これは、当然のことになりますね。機種代金は含まれていないので、どの機種を選ぶかによって料金も左右されてきます。
・どれを1回線、2回線にするかはこちらで自由に決めることが出来る。
これは、家族で誰が主回線で、その他を副回線とするかを決められるんです。つまり、多いのがお父さんを主回線にしておいて、奥さんや子供たちを副回線とするものです。そうすれば、子供たちや奥さんの基本使用料が500円引きになるのでお得ですよね。
・1台目がymobileを解約した場合には、2台目以降の割引は適用されなくなる。
これも想像できるでしょう。1台目があってこそ家族割が適用されていたのがなくなるので、家族割自体適用されなくなってしまいます。
・1台目または2台目が家族割で指定されているプラン以外のプランを契約した場合。
こちらも決まりとなっているのでわかっていただけるでしょう。家族割では、フランが指定されています。それ以外のプランを選ぶとこの家族割は適用外となってしまいます。
・契約している名義人や請求先が法人となった場合
法人化されると家族ではなくなるので、家族割が適用されなくなります。これも、当然のことですね。

 

 Ymobileで家族割を利用する際にはこういった注意事項があることを覚えておきましょう。当然のこともありますが、注意しておかないとうっかり忘れてしまうような点もあるので、家族割を使ってみようかなと考えている時には細かい点についても確認をしてから契約するようにしましょう。

ymobileの店舗情報と契約の手順について

Ymobileを知っている人は多いでしょう。でも、店舗があることは知らなかった、うちの近所にもあるのかな?と考えてしまう人も多いと思います。そこで、今回はymobileの店舗情報と、店舗で契約する流れなどについて詳しく紹介しましょう。

 

ymobileの格安スマホは店舗で契約できる?
 Ymobileはたくさんある格安スマホの1つですが、実は実店舗がある格安スマホとしても今話題を集めています。多くの格安スマホは店舗を持っていないので、インターネット上で契約をすることになっています。店舗があるというだけでも助かりますよね。そして、同時に大手キャリアであるドコモやソフトバンクなどと同じような感じで店舗があるのかなと気になってしまうと思います。
 実際に、全国にymobileの店舗はあります。まだ数は少ないものの、今から徐々に増えてくると思われます。そして、ymobile店舗に行くとわかりますが、ちゃんと格安スマホの契約ができるようになっています。受付もいくつかあって、店員さんもいてくれるので並べてある格安スマホを手にとったりプランの説明を受けたりといった感じで、今まで通り契約ができます。
 そのため、家の近くにymobileの店舗があるという人はお店に直接行って契約する方がスムーズにできると思います。初めてymobileにするのなら不安なことや疑問点も出てくると思うので、そういったことについても店舗に行くことですっきり解決することができます。オンラインストアでもymobileの格安スマホは契約することができるので、家の近くにymobileがないけれどここの格安スマホを持ちたいというときにも便利になっています。

 

ymobileの商品を購入できる店舗情報
 Ymobileの格安スマホは店舗に行くことで問題なく契約ができるようになっていますが、ymobileの格安スマホや格安SIMを購入できる店舗って限られているの?という点が気になっている人もいるでしょう。その前に、まずはymobileの店舗が全国にどれぐらいあるのか見てみましょう。
 Ymobileの店舗はいわゆる直営か取り扱い店といって電気屋さんの中にymobileのコーナーがあるといった感じで分かれてきます。直営に当たるymobileの店舗は、北海道から沖縄にまで展開されています。また、イオンモールの一角にymobileのスペースを設けているところもあります。そういうところでもちゃんとymobileの格安スマホや格安SIMの購入ができるようになっています。
 Ymobileの店舗はこの8月にも数が増えて、日に日に店舗数を増やしていっています。そのために、意外と家の近くにもymobileの店舗ができる日が近いかもしれません。イオンモールやマックスバリューの中にymobileの格安スマホを扱っているという地域もあるので、他の買い物と一緒にスマホの手続きもできるのなら便利ですよね。これは、比較的地方に多いようです。都心や街ではymobile単独の店舗を持っている場合が多くなっています。
 基本的にはymobileを扱っているところであれば、格安スマホも格安SIMも取り扱いはされていると思うので、試しに相談してみるといいでしょう。店員さんがいてくれると丁寧に教えてくれるので、ymobileについてより知ることもできるんです。

 

 

ymobile店舗で契約するときに必要なものとは?
 Ymobileを店舗で契約しようというときに手ぶらでは行けません。ちゃんと事前に忘れてはならないものがあります。支払い方法をどれにするかによって必要書類も変わってきますが、順番に見ていきましょう。
 まずは、クレジットカード払いにする場合から。クレジットカード払いにするなら、本人名義のクレジットカードは絶対に忘れないようにしましょう。そして、本人確認書類も忘れないように財布に入れておかないといけません。これは、免許証が一番手っ取り早くなっています。
 次に、口座引き落としにする場合について。こちらでも欠かせないのが本人確認書類です。これがないと次に進めないので必ず持っていくようにしましょう。そして、印鑑も必須です。セットで持っておくのがベストですね。キャッシュカードも必要になってきます。持っていかないとどこの口座から引き落としをしたいのかわかりませんし、次の手続きもできません。
 この本人確認書類は定番が免許証となっていますが、免許証を持っていない人もいると思います。そういう時は、パスポートや健康保険証、障がい者手帳などでも確認が取れるようになっているので、覚えておきましょう。
 そして、ymobileを契約したい本人が未成年の場合は、親の了承も必要になってきます。そこで、契約申込書の親権者申込同意欄というところに印鑑をもらわないといけません。また同時に親権者の本人確認書類も必要になってくるので、これを忘れないようにしないといけませんね。よって、契約者が未成年の場合は、親も一緒に行くと確実ということになりますね。
 ymobile店舗で契約する際には、最低限これらのものをちゃんと揃えておきましょう。

 

ymobileの店舗で購入してから利用できるまで
 ymobile店舗で契約する際に必要なものにはどんなものがあるかは紹介してきました。そこで、店舗で契約するとすぐに利用開始できるようになっているのでしょうか?一応契約はしてもスマホ本体の方で設定をきちんとしていかないといけません。
 まずは、MNPの場合はちゃんと電話番号の引き継ぎができているのかの確認を行います。そして、メールやアンドロイド端末にとって欠かせないGoogleの情報もチェックしていきます。そして、スマホにSIMを挿入して、動作確認をおこなっていきます。この時に店舗であれば店員さんがしてくれて、それを進めていきながら機種の説明なんかも受けることができるようになっています。
 無事にSIMかーどが差し込めていればちゃんと起動します。そして、My ymobileというアイコンがあるのでそちらに入っていきます。基本ymobileでの契約内容の確認や変更などについてはこのページからできるようになっているので、最初の説明の時にちゃんと把握しておくと自分でも対応ができます。
 そこでの手続きが終了したら、メールの設定もしてもらうと便利でしょう。格安スマホといえばキャリアメールが利用できないというデメリットがありますが、ymobileについては利用することができます。ちゃんとメールアドレスの最後が@ymobile.ne.jpとなっています。ドコモなどとおなじようにメールの機能も使えるんです。これは、格安スマホの中のデメリットと言われている点をしっかりメリットに変えていっていると思います。
 あとは、機能に慣れるのみですね。基本はどこのスマホでも使い方に大きな差はありません。基本の操作を覚えておけばあとは不自由なく利用できるでしょう。店舗にいくからこそ店員さんが親身になって最初の手続きもしてくれるので助かります。Ymobileの店舗が近くにあるという人は、ぜひ行ってみましょう。そして、どんな格安スマホがあるのかもチェックしてみるといいでしょう。プランもシンプルなので、スマホ初心者にとっても安心して利用できる格安スマホとなっています。