ymobile解約金

MENU

ymobileを解約したい時ってどうするの?

ymobileを解約する方法とその流れについて
 では、さっそく使っているymobileを解約するときの方法やその流れについて見ていくことにしましょう。まずは、解約しようと思ったら、店舗に直接行くのが一番スムーズにいくかと思います。そして、契約者本人が解約しに来るか、代理人が解約しに来るかによって必要なものが少し違ってきます。
 契約者本人がymobileを解約しようと来る場合は、本人確認ができる免許証やパスポートなどは必ず用意しておきます。そして、印鑑も持っていると安心でしょう。サインでいい場合もありますが、印鑑も持っておくと確実です。そして、今使っているUSIMも用意しておかないといけません。契約者本人が解約に来る場合に揃えるものは以上となっています。
 続いて、代理人が解約に来る場合はどういったものを用意すればいいのでしょうか?まずは、委任状というのが必要になってきます。この委任状については、ymobileのサイトでPFをダウンロードすることができます。それを持っていくのを忘れないようにしましょう。それと、契約者本人の確認ができる書類が必要となります。それと同時に代理人の本人確認書類も必要になってくるので、契約者本人が解約に来る場合よりも必要な書類が多くなるということになりますね。あとは、印鑑とUSIM、それから契約者本人と代理人との関係が家族であると証明できる戸籍謄本や住民票が必要だとも言われています。よって、代理人が解約に来る場合は、何かと書類が多くなってしまうんですね。
 そして、解約したいと思ったら、基本はymobileの店舗に行くようにしましょう。必要書類を用意して行けばスムーズに解約の手続きを進めていってくれます。代理人が来ることを考えると契約者本人が時間を見つけて解約に来た方が簡単に済ませることができるでしょう。

 

ymobileを解約するとき、違約金って発生するの?
 Ymobileで解約するときの手順や用意するものについては詳しく記載しましたが、みなさんが一番気になっているのが、例の違約金ではないでしょうか?解約する際に発生する料金ということで、他のキャリアのスマホを使っていてもみなさん気をつけていることだと思います。
 そこで、ymobileを解約するとの違約金についても調べてみましょう。Ymobileでは更新月を逃すと、それ以外で解約しようとした時に違約金がしっかり発生してきます。その違約金の料金は9500円となっています。また、24ヶ月という約束の期間内で解約した際にはこの違約金とは別に契約解除料というものが発生してくるようになります。よって、ymobileで解約するときには、まずは契約解除料が発生しないように2年間は使用するようにしましょう。
 そして、その後更新月と言われている月に買い換えると違約金は発生せずに済みます。この仕組みを知っておかないと適当なタイミングで解約することで、9500円発生してくるのでもったいないです。この更新月って自分の場合はいつになるの?と疑問に思う人は、My Y!mobileのご契約内容の確認というところからすぐに確認することができます。
 Ymobileは違約金がちょっと高めに設定してあるので、なるべく払わずに済ませたいところですよね。同時に契約解除料についてもできる限り発生しないように注意しましょう。

 

ymobileを解約するときの注意点
 Ymobileの解約の流れや違約金についての説明を続けてきました。だいたいの流れはわかったと思いますが、ymobileで解約する際に注意すべきことも他にはないの?と気になってしまうでしょう。そこで、ymobileを解約するときの注意点についてまとめてみました。
 まず、1つ目に挙げられるのがymobileも格安スマホの1つではありますが、格安スマホの多くが最低利用期間を決めていない場合が多くなっています。よって、いつでも好きな時に解約できるというメリットもあると言われているぐらいです。これが、ymobileについては当てはまらないことがわかるでしょう。2年契約となっているので、他の大手キャリアと同じだということになりますね。この最低利用期間については、一番最初に知っておいた方が安心でしょう。
 また、2つ目に解約したいと思ったときには店舗に行くしかないということです。格安スマホの中にはネットのサイトから解約が申し込めるところもあります。しかし、ymobileについては店舗でしか受け付けていないんです。よって、ちょっとymobileの店舗が家からは遠いという人にとっては不便に感じてしまうかもしれません。
 さらに、3つ目としてキャンペーンを利用して契約した場合にも注意が必要となってきます。そのキャンペーンの新たな最低利用期間や解約金を設けられてしまう可能性があるんです。最初契約するときにはお得だからとキャンペーンに飛びついて契約する人が多くなっていますが、後々に注意しないと損してしまうことにもなりかねないんです。
 最後の4つ目として、ymobileで解約しようと思ったら、書類を送ることでも手続きを進めていくことができます。しかし、違約金9500円が発生しない唯一の更新月というのはたった1ヶ月間と期間が限定されています。この期間内にすべてを終わらせなければいけないので、書類を送ってそれが届いてということをしていると余裕を持っておかないとギリギリ月をまたいでしまって違約金が発生してしまったという結果になってしまうおそれもあるんです。そのため、更新月にはいった時点で解約するなら書類を用意して送るようにしましょう。そうすると、きちんと更新月内で契約を終えることができるでしょう。
 Ymobileは格安スマホの中でもメリットが強く紹介されていて、店舗もあるし直接スマホを見ながら決められるから嬉しいと思いますが、解約に伴う注意事項についてはきちんと把握しておかないといけません。後から聞いてなかったということにならないように、自分でもちゃんと解約について知っておくことが重要ですね。それを知っているだけでも違約金を発生させることなく解約することができるので、次のスマホに変えるときにもスムーズにできるでしょう。
 Ymobileのホームページに入ると詳しい説明もされているので、一度じっくり読んでみるようにしましょう。きっと今まで知らなかったという内容もあるはずです。